1. 生成に関するパターン

ソフトウェアエンジニアリングにおいて、生成に関するパターンは、オブジェクトの生成メカニズムを扱うデザインパターンであり、状況に適した方法でオブジェクトを生成するためのものです。原始的な方法でのオブジェクトの生成は、設計に問題を引き起こしたり、複雑にする可能性があります。生成に関するデザインパターンは、オブジェクトの生成をいずれかの方法でコントロールすることによってこの問題を解決します。